Blog

ブラジルで降霜観測されました

 

この時期南半球のブラジルは冬なわけですが、降霜が観測されました。 かつて1975年にパラナ州にて猛威を振るい壊滅させた事とその影響でNY相場が沸騰したことで有名です。

ブラジルのあきおさんも心配し過ぎないように連絡がきました。 ブラジルでも大ニュースにはなっているが、被害が限定的である事や弊社の本拠地であるセラード地域はほとんど収穫が終わっているので、今年に関しては被害は軽微であると予想しているそうです。

それでも予断を許さない状況ですので、農園に行ったりと注視しているとのことです。

一番最後の晴れた画像はセラード地域の西側です。 谷になっている場所に霜が降りて被害が出ています。 問題は表作といわれた来年度の収穫物に影響が出る事が心配されます。 横山