Blog

ブラジル産地視察&鑑定士コース参加者へ資料配布しました11

 

8月25日に出発して全15日間に及ぶ鑑定士コースの受講者に対して

本日スケジュール表や諸注意、または鑑定士コースのテキストを配布しました。

鑑定士はクラシフィカドールとブラジルでは呼ばれてサントス商工会議所発行が有名ですが、資料は全てポルトガル語です。

最終試験に合格すると修了書がもらえるわけですが、授業もポルトガル語で不安もあるかと思います。

セラード珈琲は資料も全て翻訳しており歴史から商取引、鑑定方法など84ページにも及ぶテキストを唯一受講者に配布しております。

翻訳資料はサントス商工会議所では配布しておりませんので、希少です。

日本に帰国後も思い出しならが勉強できるわけです。