Blog

帝国飲食料新聞社に記事掲載されました。

例年ブラジルの収穫直前であるこの時期になると帝国飲食料新聞社より弊社代表:山口カルロス彰男(通称:あきおさん)

が取材を受けます。

主にブラジルの20/21クロップの生育状況を中心にお話しした後に弊社の日本国内での状況を説明し、新しい取り組み

として新パッケージであるOXI-freeにより、輸入の際の品質保持の大幅な向上を果たした事を説明しました。

産地にて買い付けする事は語学力と資金があれば正直誰でも可能なわけですが、買い付けから輸入するまでにどの国でも

最低でも3ヵ月~4か月は要するので、品質保持に力を入れなければ、卵を割った状態と変わらずに劣化して輸入する事に

なります。 過去にも買い付けた時はあんなに素晴らしかったのに輸入に手間取り、劣化した事は数知れずあります。

ブラジル現地事務所とブラジルの大手包装会社と連携して、研究した結果今回のOXI-free(オキシフリー)は誕生しました。

横山