Blog

温暖化耐性品種研究

セラード珈琲の本拠地であるセラード地域の中心部にセラード珈琲ブラジル事務所があります。

街の中心から東西南北どこに移動してもコーヒー農園が続く正にコーヒー産地の中心です。

10年前より温暖化耐性品種の研究をIAC(カンピーナス農事研究所)のコーヒー品種改良の権威

であるメディーナ先生と共に研究しています。

10年以上前の研究テーマはひたすら病害虫に強く、そして生産性の高い品種を作ることだったそうです。

味の良さについてはテーマ外だったと私達からすると意外な理由です。 飲み物なのに・・・

研究の様子はブラジル・ツアーに参加されている方なら視察しております。

研究の中で、テーマとは別の面白い発見もあり、労力は掛かりますが無駄になりません。

『女性と研究すると話が長くなるから女性研究員は外さなきゃ』笑 横山委員長