Blog

珈琲と文化117号 寄稿 

いなほ書房からの季刊号である珈琲と文化117号が届きましたので、小分け専門会社

マドゥーラから小分け出荷に同封する形で配布しております。

今回は表紙のタイトルに『セラード開発とセラード珈琲』として主名目の名誉をいただきました。

私の話というよりはODA(政府開発援助)として始まったセラード開発の裏話やセラードがコーヒー産地として有名になるまで2000年当初の話が現在中心になっています。

創業者の故:上原社長の奮闘や、今も全国で有名店として活躍するロースターさん達の当時の行動を備忘録として記録したいと思ったのが、寄稿の始まりです。

私なりの見解ですが、なぜ現在の市場や流行が生まれたのか? ご理解戴けるかと存じます。

横山