Lineup

商品詳細

インドネシア・トラジャ・サパン マイクロロット 他の生産国 生豆

基本情報

農園名:
ムリカ・コピ・アバディ社
生産者:
Mrエルウィン社長
生産地:
インドネシア・スラウェシ島サパン地域
栽培品種:
ティピカ
標高:
1600M~1800M
精製処理:
Semi-Washed(水洗式)

商品詳細

古くから、日本の技術提供により、スラウェシのコーヒーは発展を続けてきました。結果として、トラジャコーヒーは、マンデリンと並んで、インドネシアを代表するコーヒーとなっています。我々のコーヒーは、標高の高いサパンという、コーヒー栽培に適した地域のもので、トラジャの最高級品と言われています。

トラジャは植物と野生生物が生い茂る山岳地帯に位置し、鉄分が豊富な土壌と涼しく快適な気候です。

その気候と豊かな、火山性の土壌は、コーヒー豆を栽培するのに最適な環境を作り上げています。

トラジャ地域の発展は歴史的にも政治的にもコーヒー取引の影響を受けてきました。

今日では、コーヒーは依然として非常に貴重な商品であり、その大多数は依然として家族経営の農園

で独立した小規模農家によって栽培されています。

 

インドネシア Toraja商品説明