Lineup

商品詳細

ケニアAB キアンブ地区 3G’S組合 8月20日出荷開始 アフリカ産 生豆

基本情報

生産者:
3GS組合(Githobokoni,水洗工場、Gathaite水洗工場、Gatei水洗工場の3組合から構成)
生産地:
キアンブ地区(Kiambu)
栽培品種:
L28、SL34
標高:
1700m~1800m
平均気温:
12℃~27℃
収穫時期:
フライクロップ(3月~6月)、メインクロップ(10月~1月)
精製処理:
Washed
スクリーン:
AB

商品詳細

自家精製(自宅での果肉除去・発酵水洗処理)が禁止されているケニアでは、全ての農家は収穫したコーヒーチェリーを近隣の水洗工場に持ち込み販売しています。
ケニアの(特にスペシャルティを生産する)水洗工場では、このチェリーの受け入れ時の検品が厳格で、品質によって買取価格が変わるだけでなく、未成熟の混入率によっては受け入れ拒否を行う水洗工場も多く存在します。
その際、農家は買取所のすぐ隣で、一旦収穫したチェリーを広げ手選別で未成熟豆のみを取り除き自宅へ持ち帰ります。自宅へ持ち帰った未成熟豆は(自家精製が禁止されているため)ナチュラル製法として乾燥され、シーズン終盤にまとめてブニ
(Mbuni—ケニアでのナチュラル精製の総称)として廉価で販売されます。
ケニアの高品質を根底で支えているのは、肥沃で力強い赤土や理想的な自然環境だけでなく、厳しい規制と品質管理のお陰 (?)でもあります。
偉大なるケニア山が生み出す昼夜の大きな寒暖差。緩やかな成熟により生育された完熟チェリーは、零細農家の手によって一粒一粒丁寧に収穫され、熟度の高いチェリーのみを伝統的な発酵水洗で精製され、圧倒的なアフリカの太陽の下、絶え間な
い攪拌によるスロードライが、その潜在性を最大限まで引き出し、ケニア最高峰の品質が産みだされます。

ケニアAB 3G’S組合 商品説明 PDF