Lineup

商品詳細

ニカラグア・パカマラ・ピーベリー 完売 中米・カリブ産 生豆

基本情報

農園名:
サンタマウラ農園
生産者:
ホルヘ・チャベス
生産地:
ニカラグア共和国ヒノテガ県
栽培品種:
パカマラ品種
標高:
1060m~1600m
収穫時期:
11月~2月
精製処理:
Washed(水洗式)
スクリーン:
ピーベリー

商品詳細

パカマラ品種はニカラグアで多く栽培されているパーカス品種と、豆のサイズの大きさで知られるマラゴジーペ品種との交配種で、とても大きいサイズです。

パカマラのツリーはデリケートで、実の収穫量が少ないことでも知られていますが、その分ひとつひとつのチェリーに味が凝縮されているとも言われます。

また、生産農園であるサンタマウラ農園は、その標高の高さと気候条件がコーヒーの成長に非常に適しているので、クオリティーの高い豆を栽培できます。

このパカマラは標高1,050〜1,680メートルの火山性熱帯雨林に囲まれた、豊富な栄養を含む火山灰が多い水はけのよい土壌で生産されています。

ここは、ニカラグア北中部のヒノテガ県に位置し、5848ヘクタールに及ぶ民間の自然保護区も擁しています。

約300世帯が住みながらも、ニカラグアで最も多種多様な生物が生息しています。

農園内には、この地域特有の豊富な植生物が生息していて、これらの植生物の保全をするという約束のもと、最も環境に影響を与えない方法をとり、環境にやさしい農業の実施を推進しています。

ここは、年間でも8カ月間程雨期があり、気温も18~23度と安定しています。

ニカラグア国内の他の地域同様、この農園でもコーヒーはシェードツリーの下で栽培され、柑橘類やバナナ、カカオといった植物と一緒に栽培されています。

お客様が愉しまれる一杯一杯のコーヒーがこの全人類にとって非常に大切な自然保護区リの保全に寄与し、この自然の楽園を大事に守る300世帯を超える住人の支えになっているのです。

ニカラグア パカマラピーベリー 商品説明  PDF