Lineup

商品詳細

インドネシア・マンデリン・アチェ・ガルーダ インドネシア マンデリン・アチェ・ガルーダ 他の生産国 生豆

基本情報

生産地:
アチェ州 中部アチェ県 TAKENGON 近郊
栽培品種:
ティムティム品種
標高:
1300 ~ 1400m
精製処理:
スマトラ式

商品詳細

タケンゴン近郊のアルール ラトン村の農園 標高1,300~1,350m

アルール ラトン村のコーヒーの木

古くからのマンデリン栽培エリアで、TIPIKA系の木がほとんどの為、マンデリン本来のアロマが濃厚です。

同じくマンデリンの古い産地である北スマトラ・リントン産に比べ、ボディー・甘味・酸味がやや強いのが特徴で、これは、リトンが台地状で平坦なのに比べ、TAKENGON近郊は山間部で傾斜地で栽培されているため、寒暖の差がより激しい環境下で栽培されているためと思われます。

収穫風景

味覚特長

重厚なコクと苦味を持ったバランスのとれた味

マンデリンアチェガルーダ 商品説明   PDF