Lineup

商品詳細

ニカラグア・ジャバニカ・スウィートレモン ニカラグア共和国 ジャバニカ スウィートレモン 中米・カリブ産 生豆

基本情報

農園名:
サンタマウラ農園内バジェ・ダンタリ地区
生産者:
JORGE CHAVEZ(ホルヘ チャベス氏)
生産地:
ニカラグア共和国/ヒノテガ県
栽培品種:
ジャバニカ
収穫時期:
11月〜2月
精製処理:
Washed(水洗式)
スクリーン:
16−18

商品詳細

このコーヒー(ジャバニカ)はジャワ島からニカラグアに持ち込まれ、研究所で地域に合わせた品種です。

味覚特徴はコクがあり、スパイシーで、それでいて甘いという独特の味を誇り、コーヒー愛飲家から大変愛されています。
ジャバはまた、高価なコーヒーとして知られる、コピ・ルワク(ジャコウネコが食べるコーヒーの実のうち、消化されずに排出される豆)が食べていたとも言われています。

このアラビカ種のジャバニカはデリケートな品種のため、生産している地域は世界でも希少となりましたが、ニカラグアコーヒー屈指の生産圏で現在でも少量生産されています。

そこは、ニカラグア北中部のヒノテガ県に位置し、5848ヘクタールに及ぶ民間の自然保護区も擁しています。

保護区内には約300世帯が住みながらも、ニカラグアで最も多種多様な生物が生息しています。

標高は1,050〜1,680メートルで、熱帯雨林に囲まれ、豊富な栄養を含む火山灰が多い水はけのよい土壌です。

年間8カ月間程雨期があり、気温も18〜23度と安定しています。
ジャバ二カ品種は、インドネシアのジャワ島から来た豆ですが、ここ(ヒノテガ)がジャワ島の山と環境が似ているため、非常に高品質で世界でも名高いコーヒーを生産できます。

ニカラグア国内の他の地域同様、このバジェ・ダンタリ農園でもコーヒーはシェードツリーの下で栽培され、柑橘類やバナナ、カカオといった植物と一緒に栽培されています。

お客様が愉しまれる一杯一杯のコーヒーがこの全人類にとって非常に大切な自然保護区バジェ・ダンタリの保全に寄与し、この自然の楽園を大事に守る300世帯を超える住人の支えになっているのです。

味覚特長

フレッシュなフルーツやヨーグルトのような香り、甘酸っぱいレモンジュースの風味を持っています。

特に浅煎りにする事で特徴が顕著となります。

このコーヒーはM&C社によって生産者より直接購入されるものです。
M&C社創業者のゴメス氏(ニカラグア出身)は、日本に16年住み、仕事を通じて母国と日本の繋がりとして高品質コーヒーの輸入を始めました。
パートナー農園では、環境にも配慮し、有機栽培認証やフェアトレードなど色々な活動をしております。
M&C社は売り上げの一部を農村部の子供たちの教育支援の為、寄付いたします。

ニカラグア ジャバニカ 商品説明  PDF