Lineup

商品紹介

  • Dominican Republic ドミニカ共和国Don Juan農園 完売

    他の生産国 生豆

    ファン氏は生産者600名以上の小・中生産者組合の3代目会長を務めており、地域生産者達の信頼も厚い。

    自身も農園を3つ所有しており、特に親から引き継いだ農園は100年以上の歴史ある農園であり、昔から地域生産者へのアドバイスをすることも多い。

    また、ドミニカ共和国珈琲協会の役員でもあるファン氏はドミニカコーヒー全体の品質向上にも貢献している。

    ファン氏の妻も生産者であり、オーナーとして農園を所有している。
    地理

    ドミニカ共和国は31の州(provincia)に分けられる。加えて、首都サント・ドミンゴは首都地区(Distrito Nacional)として独立している。
    州は郡、市町村などの地方行政区にさらに分けられる。

    ドミニカ共和国はハイチと共に大アンティル諸島で二番目に大きいイスパニョーラ島に位置し、およそ島の2/3の面積を占め、カリブ海ではキューバの次に大きい。
    ドミニカには三つの山脈と、その間に位置する四つの平野があり、それぞれがハイチから続く中央山脈、セプテントリオナル山脈、オリエンタル山脈となっており、中央山脈とセプテントリオナル山脈の間の裾野には同国で最も肥沃なシバオ平野が広がる。

    最高峰はドゥアルテ峰 (3175m)であり、これはカリブ海諸国での最高峰でもある。
    また、同国最大の湖エンリキージョ湖はカリブ海での最大の湖でもある。

    気候

    気候は熱帯のサバナ気候(Aw)に属すが、海洋性を帯びているため過ごしやすい。
    雨季は夏季(5月から11月)であり、6月から11月はハリケーンが飛来する。
    12月から3月は北大西洋寒気団の影響を受ける。
    北部と東部で最も多く雨が降り、西部で最も少なくなる。
    年間平均降水量は1346mmだが蒸発が激しい。例を挙げると北部のサマナでは2500mm以上、南西部のバラオナでは625mmといった具合である。

    年平均気温は32℃を超えることは稀であり、季節風の影響ですごしやすい。
    しかし、中央山脈のコンスタンサのような都市では、冬季の気温が氷点下に達することもある。

    詳細はこちら
  • INDONESIA COFFEE BEANS ACHE GARUDA

    インドネシア マンデリン・アチェ・ガルーダ

    他の生産国 生豆

    詳細はこちら
  • APAS Concurso de Qualidade dos Cafés(品評会)

    ブラジル産生豆

    <São Gonçalo do Sapucaí>

    カルモ・デ・ミナス地域のコーヒーが有名になったのは2004年前後、当時コンサルタントとしてその地域に入ったセラード珈琲役員は「設備投資と知識が無いだけで十分に良質のコーヒー栽培ができるポテンシャルがあった。」と振り返る。

    やがてその地域は世界中の注目を集める事となり、輸出量が増えていった。
    やがて供給が追い付かず、技術指導をしながら徐々に範囲を広げいった。

    最終的に、特別なコーヒー栽培が可能なエリアを「セーラ・ダ・マンチケイラ」と呼称し、その地域の地図とともに世界に発信している。

    サン・ゴンサロ・ド・サプカイ地域は、その地図上で北西に位置し、標高の高い所では特別なフレーバーが期待される。

    詳細はこちら
  • セラード・手摘み完熟豆 2017

    手摘み完熟豆 2017

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • ペルシード Palped N 2017 

    ペルシード Palped Natural

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • 2017 BOURBON PEABERRY FIRST CROP

    ブラジル産生豆

    LázaroはAgal グループの共同発起人で有り、3所のガソリンスタンドを経営し又セラードコーヒー生産共同組合監事長を務めるかたわら、パトロシニオ市慈善病院運営監事を15年間つとめているのを始めとして、多くの慈善団体に協力している。
    彼の生活の半分以上は社会奉仕についやしていると言っても過言ではない。
    趣味はミナス州内のプロサッカークラブの熱狂的なフアンであり時間の許す限り応援に駆け着けている。
    その他には、魚釣りも同様に、趣味以上に入り込んでいる。
    家族を愛し、常に人生を前向きに捉え、仕事熱心なる人物である。

    詳細はこちら
  • MICROCERRAD-14-15-02

    マイクロロット2014マイクロロット

    自然環境の保護を重要なテーマとするサンパウロ州モジアナ地域の生産者グループFAF(FAZENDA AMBIENTAL FORTALEZA)は、その趣旨に賛同し、農園内の環境保全に積極的に取り組む生産者のコーヒーを、南北アメリカ大陸をまたいで移動する渡り鳥BOB-O-LINKにちなんで、BOB-O-LINK COFFEEとして認証しています。

    詳細はこちら
  • MICROCERRAD-14-15-01

    マイクロロット2014マイクロロット

    サンパウロ・モジアナ地域発、現在ブラジルで最注目、北欧やアメリカのバイヤー、新進ロースターたちがこぞって農園を訪れ直接買い付けを行っていく、Fazenda Ambiental Fortaleza (FAF)グループ のナチュラルロットです。

    FAFは自身の農場および周辺の小規模生産者たちとのパートナーシップにより、少量ながら多彩なキャラクターをもつマイクロロットを次々に生み出し、国内外のコーヒーファンを魅了している生産者グループで、生産環境の持続性/サステイナビリティを重要なテーマとし、パートナー生産者への栽培や精製方法の指導、オーガニック自然農法の促進、水質資源の保全などにも積極的に取り組んでいます。

    詳細はこちら
  • MICROCERRAD-14-15-04

    マイクロロット2014マイクロロット

    <南ミナスから新産地 <<>>が登場!!!>

     いまやブラジルのスペシャルティコーヒーを語るうえで外せなくなった南ミナス。従来のブラジルのイメージを覆すクリーンな酸でコンテスト上位を独占してきました。

     一方でブラジル最大の産地であることからも、日本にも多くの南ミナス産コーヒーが入ってきており、そのクオリティに幅があることも事実。

    今回セラード珈琲でマイクロロットシリーズを立ち上げるにあたり、本当に美味しい南ミナスはどこにあるのか?というテーマからたどり着いたのがここ、SAPUCAIでした。

    詳細はこちら
  • MICROCERRAD-14-15-03

    マイクロロット2014マイクロロット

    <いまブラジル最注目の生産者グループFAFの直営農園から>

    FAZENDA AMBIENTAL FORTALEZA(フォルタレーザ環境農園、以下FAF)はサンパウロ州モジアナ地域、MOCOCA近郊に位置する農園で、その創業は1850年にまでさかのぼります。

    詳細はこちら