Lineup

商品紹介

  • インドネシア・バリ島・パック・ソディック農園 マイクロロット

    他の生産国 生豆

    詳細はこちら
  • インドネシア・コピルアック・ガヨ・天然物 7月1日出荷開始 

    他の生産国 生豆

    詳細はこちら
  • Fruta Mercadao(フルッタ・メルカドン)Washed 完売

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • Fruta Mercadao (フルッタ・メルカドン) Natural 

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • セラード 樹上完熟豆 晩秋摘み 2018

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • 2018 セラード・手摘み完熟豆

    ブラジル産生豆

    お米に新米・古米があるようにコーヒーにも新豆(ニュークロップ)・古豆(オールドクロップ)があります。
    ニュークロップはオールドクロップに比べて香りや味などで力強さを持っており、スペシャルティコーヒーとして、とても人気があります。
    通常、市場に出回るのが収穫し、その年の年末から年明けになるブラジル産コーヒーを新鮮な状態でどこよりも早くお届けいたします。

    詳細はこちら
  • 2018 Cup of Progressive Cerrad Natural 部門 1位 完売

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • 2018 Cup of Progressive Cerrad Washed部門 1位 完売

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • CARAMELADO 2018 (キャラメラード) 

    キャラメラード

    ブラジル産生豆

    キャラメラードの生産地はセラード地域より400kほど東側に位置するマッタス・デ・ミナスという山岳地栽培の多い地域である。
    この地域は1200mを超える農園が多く、酸味が尖ることも多い。しかし、面白い特長としてマッタリとしたコクの有るコーヒーも多く、ナッツ系フレーバーとミックスされることによりキャラメルのような感じとなる。
    さらに良質なものは蜜の様な甘いアロマも感じられる。

    詳細はこちら
  • COLOMBIA DOMINGO 5月10日新豆出荷開始

    コロンビア ドミンゴ

    他の生産国 生豆

    主な家族の構成員は次の様になっている。
    祖父:マノエル・カスタノ(Manoel Castano) 1900年頃出生
     
    ペドロ・ムノス(Pedro Munoz) 1925年10月17日生れ
      妻:アレイダ・カスタノ(Aleyda Castano) 1938年9月12日生れ

     

    4男2女の子供の内、以下の3人が現在経営に携わっている。(現在の経営者)
      ホルヘ・エルナン・ムノス・カスタノ(Jorge Hernan Munoz Castano)1960年10月17日生れ

      ホセ・フェルナンド・ムノス・カスタノ(Jose Fernando Munoz castano) 1963年5月13日生れ

      グロリア・クレメンシア(Gloria Clemencia) 1966年2月18日生れ

    詳細はこちら