Lineup

商品紹介

  • セラード 樹上完熟豆 晩秋摘み 2019年産 2月4日出荷開始

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • ブラジル・カフェインレス・プリマベーラ農園 SWISS WATER社 完売

    ブラジル産生豆DECAF(カフェインレス

    詳細はこちら
  • ブラジル・カフェ・エスペランサ 完売

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • Fruta Mercadao Peaberry N(フルッタ・メルカドン・ピーベリー)限定販売 完売

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • Fruta Mercadao (フルッタ・メルカドン) Natural 1月9日出荷開始

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • CARAMELADO 2019年産 (キャラメラード) 12月11日出荷開始 

    キャラメラード

    ブラジル産生豆

    キャラメラードの生産地はセラード地域より400kほど東側に位置するマッタス・デ・ミナスという山岳地栽培の多い地域である。
    この地域は1200mを超える農園が多く、酸味が尖ることも多い。しかし、面白い特長としてマッタリとしたコクの有るコーヒーも多く、ナッツ系フレーバーとミックスされることによりキャラメルのような感じとなる。
    さらに良質なものは蜜の様な甘いアロマも感じられる。

    詳細はこちら
  • セラード ブルボン・サンドライ 2019年産 完売

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら
  • セラード・手摘み完熟豆 2019

    ブラジル産生豆

    お米に新米・古米があるようにコーヒーにも新豆(ニュークロップ)・古豆(オールドクロップ)があります。
    ニュークロップはオールドクロップに比べて香りや味などで力強さを持っており、スペシャルティコーヒーとして、とても人気があります。
    通常、市場に出回るのが収穫し、その年の年末から年明けになるブラジル産コーヒーを新鮮な状態でどこよりも早くお届けいたします。

    詳細はこちら
  • セラード BOURBON CLASSICO 2019

    ブラジル産生豆

    1910年頃、当時の日本は長年の不況に見舞われ国民はそれを逃れて海外に新天地を求めて移住を始めていた。
    ブラジル移住もその選択肢の一つであった。
    家族を代表して単独でブラジル移住を決意したのが中尾増吉であった。
    それから2世の光男、そして3世のオーランド(写真左)、4世アンドレ(写真右)と日系の血とともにコーヒー栽培は引き継がれている。
    4世のアンドレは農業大学卒業後、新しい試みに常に挑戦しスペシャルティコーヒー栽培をしている。
    また、焙煎にも興味を持ち、農園内に焙煎機を導入。 2016年にはSCAJ展示会に合わせて初来日しました。

    詳細はこちら
  • 南ミナス カフェ・イアーラ復刻版 

    ブラジル産生豆

    詳細はこちら