Lineup

商品紹介

  • Costa Rica SHB EP La Cristina  West Valley

    コスタリカ クリスティーナ農園 マイクロロット

    他の生産国 生豆

    国名: コスタリカ共和国
    所在地: West Valley Naranjo(ウエスト バレー ナランホ)
    農園名: La Cristina(ラ・クリスティーナ)
    農園主: Clodovedo Zamora Soto
    品種: Caturra Catuai
    標高: 1,300m
    精製方法: Honey
    買付ロット: Micro Lot(23kgVP*40Boxes)

    詳細はこちら
  • COLOMBIA DOMINGO

    コロンビア ドミンゴ

    他の生産国 生豆

    主な家族の構成員は次の様になっている。
    祖父:マノエル・カスタノ(Manoel Castano) 1900年頃出生
     
    ペドロ・ムノス(Pedro Munoz) 1925年10月17日生れ
      妻:アレイダ・カスタノ(Aleyda Castano) 1938年9月12日生れ

     

    4男2女の子供の内、以下の3人が現在経営に携わっている。(現在の経営者)
      ホルヘ・エルナン・ムノス・カスタノ(Jorge Hernan Munoz Castano)1960年10月17日生れ

      ホセ・フェルナンド・ムノス・カスタノ(Jose Fernando Munoz castano) 1963年5月13日生れ

      グロリア・クレメンシア(Gloria Clemencia) 1966年2月18日生れ

    詳細はこちら
  • Papua New guinea 天空の森 修道院のコーヒー

    パプアニューギニア・修道院のコーヒー

    他の生産国 生豆

    詳細はこちら
  • タイ王国ドイチャン村

    タイ王国 ドイチャンコーヒー

    他の生産国 生豆

    詳細はこちら
  • Kaffe地区 Washed G1 Gera農園 完売

    エチオピア・ゲラ農園

    他の生産国 生豆

    Tracon社
    Tracon社は同国3位の輸出業者で、輸出量は8,330トン。(14/15クロップ)
    コーヒーの輸出業のみならず、輸入食品の販売、アルミの製造及び販売及び不動産事業等も手掛けている。
    完売しました。 次回入荷未定

    詳細はこちら
  • Yirga Cheffe Natural G1KOKE  完売       

    エチオピア イルガシェフェ

    他の生産国 生豆

    エチオピアは古来から伝わるコーヒーの飲み方を、現在も日常的に見る事が出来る、アフリカで唯一のコーヒー生産国です。
    この伝統は各家庭で主婦や娘たちがコーヒー・マスターとしておこなっている“コーヒー・セレモニー”と呼ばれるものです。
    地方の村々では近隣の人たちが集まり、コーヒーを飲みながら情報交換、又は友情を深める場となっています。
    このセレモニーはいわゆるコーヒー・ブレイクとは異なり、年配者を尊敬し日々の生活に対する感謝を示す、精神的な表現の場でもあります。

    詳細はこちら
  • ドミニカ共和国 MORONTA農園 完売 

    ドミニカ共和国 モロンタ農園

    他の生産国 生豆

    JARABACOA(ハラバコア)名前の由来は原住民タイノ族の言語の意味は“水の流れる場所”から来ています。
    その名の通り、大きな3川:バイグアテ川、ヒメノア川とヤケ・デル・ノルテ川(国内で二番目に大きい)の主要河川を持っています。
    バイグアテ川とヒメノア川を合流、次にヒメノア川とヤケ・デル・ノルテ川が合流し、国内で最も重要な流域になる。
    ハラバコアはシバオ地域、中央山脈の北東に位置し、都市の土地面積は690.53㎢、その山間の谷の中心部にハラバコア谷(海抜標高約530メートル)が存在する。ハラバコアは熱帯雨林気候を有しています。
    その熱帯のロケーションと高い標高に、一年のほとんどの間、暖かい日と穏やかな夜を持っている、その穏やかな温度で、訪問者は次のようにハラバコア洗礼をしている「永遠の春の都市」。
    主な観光スポットの一つは、中央山脈の中心部の山間や地域の自然の美しさです。また、ピコ・ドゥアルテ(海諸国での最高峰)とエバノヴェルデ(コクタン)科学保護区への主要なアクセスの一つです。
    外国人観光客にも、ドミニカ人にも人気エコツーリズムの観光地です。
    農業は経済基盤で主な生産はコーヒー、家畜、野菜、豆、花等…これまでに記録された最も寒い温度は2012年2月24日、7.1℃でした。

    詳細はこちら
  • Dominican Republic ドミニカ共和国Don Juan農園 完売

    他の生産国 生豆

    ファン氏は生産者600名以上の小・中生産者組合の3代目会長を務めており、地域生産者達の信頼も厚い。

    自身も農園を3つ所有しており、特に親から引き継いだ農園は100年以上の歴史ある農園であり、昔から地域生産者へのアドバイスをすることも多い。

    また、ドミニカ共和国珈琲協会の役員でもあるファン氏はドミニカコーヒー全体の品質向上にも貢献している。

    ファン氏の妻も生産者であり、オーナーとして農園を所有している。
    地理

    ドミニカ共和国は31の州(provincia)に分けられる。加えて、首都サント・ドミンゴは首都地区(Distrito Nacional)として独立している。
    州は郡、市町村などの地方行政区にさらに分けられる。

    ドミニカ共和国はハイチと共に大アンティル諸島で二番目に大きいイスパニョーラ島に位置し、およそ島の2/3の面積を占め、カリブ海ではキューバの次に大きい。
    ドミニカには三つの山脈と、その間に位置する四つの平野があり、それぞれがハイチから続く中央山脈、セプテントリオナル山脈、オリエンタル山脈となっており、中央山脈とセプテントリオナル山脈の間の裾野には同国で最も肥沃なシバオ平野が広がる。

    最高峰はドゥアルテ峰 (3175m)であり、これはカリブ海諸国での最高峰でもある。
    また、同国最大の湖エンリキージョ湖はカリブ海での最大の湖でもある。

    気候

    気候は熱帯のサバナ気候(Aw)に属すが、海洋性を帯びているため過ごしやすい。
    雨季は夏季(5月から11月)であり、6月から11月はハリケーンが飛来する。
    12月から3月は北大西洋寒気団の影響を受ける。
    北部と東部で最も多く雨が降り、西部で最も少なくなる。
    年間平均降水量は1346mmだが蒸発が激しい。例を挙げると北部のサマナでは2500mm以上、南西部のバラオナでは625mmといった具合である。

    年平均気温は32℃を超えることは稀であり、季節風の影響ですごしやすい。
    しかし、中央山脈のコンスタンサのような都市では、冬季の気温が氷点下に達することもある。

    詳細はこちら
  • INDONESIA COFFEE BEANS ACHE GARUDA

    インドネシア マンデリン・アチェ・ガルーダ

    他の生産国 生豆

    詳細はこちら
  • PERU ALTO AMAZON

    (ペルー アルト・アマゾン)

    他の生産国 生豆

    詳細はこちら