Lineup

商品紹介

  • Edison Abreu Olibeira

    マイクロロット2015マイクロロット

    エジーニョとして知られる、エジソン・アブレウ・オリベイラは、ミナス・ジェライス州とエスピリット・サント州の州境に位置する、標高の高い山脈、セーハ・カパラオ地域のコーヒー生産者である。

    エジーニョは1989年12月12日生れ。同山脈の中で丘陵の拡がるフォルキーリャ・ド・リオ集落に古から居る4家族の一員である。

    彼の家族の苗字アブレウは、高祖父の父親から始まった。高祖父の父親はポルトガルで生まれで、リオデジャネイロ州のカンタガーロ経由でブラジルへやって来た。自由になる自分の土地を求め、ポルトガルから、エスピリット・サントス州を目指しての長い旅であった。彼は結婚し、やがて彼が農場を拓くことになるフォルキーリャ・ド・リオ集落に移り住んだ。

    一族に於いてコーヒー栽培は、ほぼ1世紀となり、曽祖父が今と同じ場所でコーヒー栽培を始めた。

    当時、農場の状況は今とは異なっていた。生産の手助けをする機械や技術も無く、まさに手作業であった。それゆえ生産されていたコーヒーの品質も、非常に低かった。そして家庭内で消費しきれなった分を近隣の町で、物々交換したり、売ったりしていた。街道もなくフォルキーリャの生活は非常に孤立していた。商品はロバの背中に載せられ町まで運ばれていたが、その道のりは1日がかりか、それ以上であった。

    詳細はこちら