Lineup

商品紹介

  • Fábio Protázio de Abreu nasceu

    マイクロロット2017マイクロロット

    ファビオ・プロタージオ・デ・アブレウは、1980年12月生まれの、エスピリット・サント州ドーレス・ド・リオ・プレット市に位置するフォルキーリャア・ド・リオの集落における古くからの五家族の子孫である。

    彼の父方の曽祖父は、ちょうど1900年にポルトガル生まれた。
    若い時、リオ・デ・ジャネイロ州のカンタガーロに着き、ブラジルにやって来た。
    自分自身で所有でき自由になる土地を求めエスピリット・サント州を目指し、そこ【カンタガーロ】を発ち長い旅につき、今日プロタージオ家が住み、現地生れの曾祖母マリアと知り合い結婚することになるフォルキーリャア・ド・リオの集落で彼の旅を終えた。
    何年の後、フォルキーリャア・ド・リオで、ファビオと同様に、祖父母や両親は生れ、そして育った。

    一族の中でコーヒー栽培は1世紀近くになる。
    ファビオの曽祖父は1925年頃、斧で森林を切り拓き、そこでコーヒーの生産を始めた。その当時の農場の事情は【現在と】異なっており、コーヒーであれ全ては自家使用のために植付けられていた。
    外界とは非情に孤立して生活していたし、集落の外への商品の売り買いは難しかった。
    当時その場所には電気もなく、唯一農場の外で求めたものは、塩と灯油であった。
    ファビオの曽祖父は、これらの商品を取りに、彼の家族の住むところから1日かかる鉄道駅まで牛車で行っていた。

    ファビオの青年当時、当地では、仕事に対する多くの選択の余地はなかったし、なにしろ彼は町へは行きたくはなかったし、それをするにも金銭的な余裕がなかった。
    より良い選択肢はコーヒーで働くことであり、ファビオが従事し始めた。
    彼は、2つのことを掛け持ち、多難の時を過ごしたと語る。
    なぜなら日中を通して畠で働かなければならなかったし、その後、夜に勉強していたからである。
    ファビオは夜遅く家に帰り、働く為に早朝に起き、非常に忙しかったが、した価値はあった。

    詳細はこちら
  • José Alexandre Abreu de Lacerda

    マイクロロット2017マイクロロット

    生産者のジョゼー・アレシャンドレ・デ・アブレウ・デ・ラセルダは、ミナス・ジェライスス州との境に接するエスピリト・サント州ドーレス・ド・リオ・プレット市に所在するフォルキーリア・ド・リオと言う集落で、古から知られているラセルダ家の一人のメンバーである。彼はそこで生まれ育った。

    Afonso Donizete Lacerda(アフォンソ・デニゼッチ・ラセルダは兄弟であり、他のロットで生産者として紹介しており、厳密には農園内を区画分けしているが、基本的に一緒に経営している。

    彼の高祖父はポルトガル人で、ポルトガルからエスピリト・サント州ヴィトーリア港を経由し6ヶ月の旅を経てブラジルのフォルキーリア・ド・リオに辿り着いた。
    現地で生まれ育った彼の高祖母と結婚し、今日のラセルダ家が在る。

    詳細はこちら
  • Almir Degenário Leal

    マイクロロット2017マイクロロット

    1961年10月28日、リオデジャネイロ州サンタ・クラーラ生れ。

    現在、エスピリットサント州ドーレス・ド・リオプレット市フォルキーリャ・ド・リオに在住。

    祖父母がブラジルへ移住してきた、イタリア系移民の子孫である。

    彼の祖先は畜産を代々行っていたが、コーヒー栽培は、アゥミール氏が1979年頃より始めた。

    今までコーヒー収穫にあたっての苦労は、収穫期の雨、設備の不足、そして知識の不足であった。

    彼は、パルパーや乾燥機など機械設備を持たず、コンクリート張りの乾燥場と、最近建てたハウスのみを所有している。

    詳細はこちら
  • Afonso Donizete Lacerda

    マイクロロット2017マイクロロット

    生産者のアフォンソ・ドニゼッテ・アブレウ・デ・ラセルダは、ミナス・ジェライス州との境に接するエスピリト・サント州ドーレス・ド・リオ・プレット市に所在するフォルキーリア・ド・リオと言う集落で、古から知られているラセルダ家の一人のメンバーある。
    彼はそこで生まれ育った。

    Jose Alexandre Lacerda(ジョゼ・アレッシャンドレ・ラセルダ)は兄弟であり、他のロットで生産者として紹介しており、厳密には農園内を区画分けしているが、基本的に一緒に経営している。

    彼の高祖父はポルトガル人で、ポルトガルからエスピリト・サント州ヴィトーリア港を経由し6ヶ月の旅を経てブラジルのフォルキーリア・ド・リオに辿り着いた。
    現地で生まれ育った彼の高祖母と結婚し、今日のラセルダ家が在る。

    詳細はこちら